スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.8.26 818 『「書く」という行為によってしか、身体に刻むことの出来ない言葉があることにも気づく』

08 27, 2014 | 日記2014

0

・即興演奏。といいながらも、事前に用意された、いくつかのパターンの組み合わせ、配置を組み替えることしかしない人もいれば、本当に目の前の闇を切り裂いて歩くように進む人もいる。大体が前者だが、後者に出会えた時の歓び。

・ここ数日、久しぶりに日記と向き合う時間が取れている。「書く」ことに向き合うことが自分にとってどれだけ重要で、やはり「書く」という行為によってしか、身体に刻むことの出来ない言葉があることにも気づく。

・と書きながら、今日も途中で眠ってしまったのだけど、、、。さて、もう真夜中。眠ろう。

« 2014.8.27 819 『シャワーのお湯を暖かくてありがたいとすら感じる』 2014.8.25 817 『それは全然「日々」ではなくて、「イベント」じゃないか、と思って』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。