2014.8.22 815 『ほんの一粒の砂のような微細なものでもいいから私は伝えたい』

08 23, 2014 | 日記2014

0

・言葉にぐっと反応する。わたしのチューニング。その時々のわたしの。

【ほんの一粒の砂のような微細なものでもいいから私は伝えたい。それならできるかもしれない。】大野一雄

« 2014.8.23 816 『脱ぎ換える衣がなくなったのに、それでもなお』 2014.8.21 814 『独りで在りながら。同時に。全てと繋がっている場所』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ