2014.8.20 813 『表現する行為それ自体から遠ざける』

08 21, 2014 | 日記2014

0

【作品が広く流布するとかしないとか、百年後にも存在するとかしないとか、それら物を数え上げるような考え方が、書く者、描く者、演奏する者つまり何かを 表現しようとする者を表現する行為それ自体から遠ざける。】保坂和志

・心に底があるかわからないが、心の底から、そう、と、思う。この言葉がどこまで届くかわからない、けれど。この言葉に反応してくれる人がどれだけいるかわからない、けれど。こういう言葉は誰かが何度でも反芻していわなければならない、とも思う。

« 2014.8.21 814 『独りで在りながら。同時に。全てと繋がっている場所』 2014.8.19 812 『「オレについてくるな」は誠実な声』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ