スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.8.18 811 『あらゆる社会集団によって伝承される音楽文化は光り輝いてくる』

08 19, 2014 | 日記2014

0

・鶴岡にある古書店「阿部久古書店」で買った、もう一冊の「ラテンアメリカの音楽と楽器」より。

【伝統的な文化をよく残しているアマゾン地域の人びとは大地を足で踏みならし、身につけた飾りもので音をだし、さらに叫び声をあげて踊る。(ブラジル・アマゾン シングー川国立公園 ワウラ族)】p.4 本冒頭の写真の解説としての文章より。


【音楽や絵画などは、いわゆる芸術として位置づけられ、一般的には洗練された文化として広く理解され、むしろ人々の生活から切り離された高度ないとなみの所産としてのみ考えられる傾向が少なくなかった。これらの教養や趣味として考えられる範囲にとどまらず、まさに人間が人間として生きる糧として音楽は存在し、人間のいとなみの一つとして音楽は機能している。神への祈り、豊作への願い、悲しみや喜びなど、様々な生活の局面に応じて表現される音楽は、まさに人々の営み、すなわち文化としてはぐくまれてきたのである。

 このような視点に立つとき、ヨーロッパ芸術音楽すなわちクラシック音楽のみに価値を認める傾向とは異なり、地球上に生活するあらゆる社会集団によって伝承される全ての音楽に価値を見出すことが可能になってくる。クラシック音楽とは異なった音のシステムや楽器、それぞれ異なった歌い方や演奏方法などをもつ諸民族の音楽は、きわめて貴重な文化といえよう。クラシック音楽を規範とし、あるいは尺度として諸民族の音楽を比較し、未発達な音楽として区別したり序列することなく、それぞれの音楽に価値と意味を認めるいわば文化相対主義の立場に立つとき、あらゆる社会集団によって伝承される音楽文化は光り輝いてくる。】p.10 藤井知昭「民族と音楽」より。 

« 2014.8.19 812 『「オレについてくるな」は誠実な声』 2014.8.17 810 『山形七日街「Bar Tarji」にてライブ』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。