2014.6.27 759 『公園の檜を揺らす風の中で』

06 28, 2014 | 日記2014

0

・暑い一日の終りに。ながい一日の終りに。公園の檜を揺らす風の中で。ビールをのみ。ギターを弾く。星の少ない夜に。

・過去の付箋。

【ゆっくりと、だけど決して停まらずに進むタクシーがずいぶんと道路にはみ出した看板と自転車をどうして引っかけてしまわないのか、感心して眺めていた。羊羹みたいに黒く光る車体には、さっきまでいた店の看板の白と青のライトが映って流れていった。なんの音が、というわけではないのに騒々しくて、夜の東心斎橋の感じだと思った。エアコンで冷え切った店から出てきたばかりなのに、もう肌には汗が滲みかけている。】柴崎友香「その街の今は」冒頭の文章。

« 2014.6.28 760 『ワタシはワタシの知らないワタシに』 『忘れていました。ライブの告知で候。』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ