スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.6.19 751 『太陽にさらされた吸血鬼』

06 19, 2014 | 日記2014

0

・本棚から適当に。パラパラとページをめくって。

【ぼくは自分にとてもデリケートな
 手術をしなきゃなんない
 って歌ったのはベリマンでしたっけ自殺した
 うろ覚えですが他の何もかもと同じように
 
 さらけ出そうとするんですが
 さらけ出した瞬間に別物になってしまいます
 太陽にさらされた吸血鬼といったところ
 魂の中の言葉は空気にふれた言葉とは
 似ても似つかないもののようです
 
 おぼえがありませんか
 絶句したときの身の充実
 できればのべつ絶句していたい
 でなければ単に唖然としているだけでもいい
 指にきれいな指環なんかはめて
 我を忘れて】p34.35 

 谷川俊太郎「夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった」『14 金閣寿夫に』

« 2014.6.20 752 『あやつり人形劇場』 2014.6.18 750 『空豆ってよ、上さむがってなるんだじぇ』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。