2014.6.16 748 『おちつくから』

06 17, 2014 | 日記2014

1

・犬飼ともは、作品をつくるきっかけのようなことを問われて「まだこれという答えはないけど、いまのところはね、、、おちつくから」といった。「きっと春もそうでしょ?」と犬飼ともがいった。

・生理によるもの。つくる最中にいるときにしか起こらない何か。ギターを弾き、うたうときにしか起こらない何か。に触れるため。「おちつくから」単純で優しくていい答え。

・展示会だからもちろん作品も見るのだけれど、それよりなにより、子供たちのつくる「ワタノハスマイル」の作品の自由さに触れて、自分の作品がつくれなくなった時期を経て、それでもやりきった、ということだけで偉い。凄い。

« 2014.6.17 749 『刻まれる言葉たち』 2014.6.15 747 『新庄へ』 »

1 Comments

ちょーよかったね〜ともじろう展。
あの横で、すっかりのんびりしてしまって、気づいたら、マルシェ終わってて、みんな、片付けも終わってたよ。

by 麻由子 | 06 17, 2014 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ