スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.6.12 744 『あなたが振り向いた時。わたしはもうそこにはいない。』

06 12, 2014 | 日記2014

0

・ガラス。ガラスという物体が「割れる可能性を孕んでいるもの」だ、ということを皆知っている。けれど。割れたガラスの破片が自分を傷つける可能性があることを実感しているわけではない。

 ガラスはどこか自分とほど遠い場所で割れ散って、誰かを傷つけることがあったとしても、そこで血を流すのは自分ではない。ガラスは道の奥の奥の何処か、名も知らない場所で割れるもの。(そのような認識。)

——————

・あなたは何処に向っているの?
 などと尋ねないでほしい。

 あなたの目的地はどこなの?
 などと尋ねないでほしい。

 わたしすら分からない場所に向けて。
 わたしはただ足を繰り出すだけなのだから。

 あなたが振り向いた時。
 わたしはもうそこにはいない。

« 2014.6.13 745 『暴徒と呼ばれる彼らの行動は暴動なのか?』 2014.6.11 743 『金の絡む余地のない場所で紡がれる行為』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。