2014.6.1 733 『判別もつかない一つの鳴き声。一匹の。あるいは種としてひとつの』

06 01, 2014 | 日記2014

0

・届いたニーナ・シモンを聴きながら蛙の声を聞く。上書きされるのは通りを走る車の音。

・蛙。「種」としての蛙。の鳴き。の無数の集まり。「種」の中のひとつ。判別もつかない一つの鳴き声。一匹の。あるいは「種」としてひとつの。

—————————

・ひとつであり
 同時に全てであり

 一匹であり
 蛙(種の単位)であり

 個と
 全て

 ただ鳴く
 歌

« 2014.6.2 734 『ソウイエバ』 2014.5.31 732 『しかし、必ずしも嘆く必要なない』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ