FC2ブログ

2014.3.26 634 『ふきのとう。見つけて。袋にいれる。』

03 26, 2014 | 日記2014

0

・ふきのとう。見つけて。袋にいれる。去年は食べ過ぎて、アレルギーになってしまって、もうこれから先、ふきのとうを食べられないのか、と憂鬱になりながら調べたら、アレルギーの原因は花粉にあるらしい、という情報を去年の時点で知っていたので、今日は開いていない(花の咲いていない)ものを選んで、おひたしにして、鰹節、少量の醤油をかけて、恐る恐る食べる。今のところなんともない。うまいなあ。ふきのとう。

・神話への興味が沸いてきて、中沢新一「カイエソバージュ1 人類最古の哲学」を読んでいる。単純に読み物として、おもしろい。わくわくする。やらなくちゃいけないことが(たぶん)たくさんあるのに、そっちのけで本を読んでしまう。この計画性のなさ。だらしなさ。

・どんな音楽に支えられ、鼓舞されて来たのだろう? と考えた時に、思い出す音楽。——その場を盛り上げてくれる音? 歌詞的に素晴らしいもの? そもそものその人(音楽家)の在り方?

・自分が表現する側に立った時に、考えなければいけないのは、もしくは引き継がなければならないのは、自分の「ひとりの時間」を支えてくれたもの(音楽でも何でも)の「形象」でなく、その根っこにある、単純に「言葉として」バトンできるようなものではない「何か」なんじゃないか、と思う。(結局何もいえてないけど、、、。)

・例えば。表現のジャンルを越えてニーチェは幾度も現れる。     

« 2014.3.27 635 『それから。タモリ。』 2014.3.25 633 『「邦」の中の「異邦」』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ