FC2ブログ

2014.1.30 581 『昨日、カフェでみた赤ん坊の  歩き始めたばかりの』

01 30, 2014 | 日記2014

0

・今日の引用。

【私も、老年の
 否定の感情を深めてゆくならば、
 不確かな地面から
 高みに伸ばす手は、
 何ものかにさわる
 ことが あるのではないか?
 否定性の確立とは、
 なまなかの希望に対してはもとより、
 いかなる絶望にも
 同調せぬことだ……
 ここにいる一歳の 無垢なるものは、
 すべてにおいて 新しく、
 盛んに
 手探りしている。】

大江健三郎「晩年様式集」p330,331

————————————

・一番集中して創作、練習、素振りできる場所、時間帯は、どこで、いつか。 場所? 時間? どうなのだろう、わからない。一旦始めてしまえば、と、いう気もするけど。とにかくそういう場所、時間帯を自分なりに見つけていくこと。そしてむきあうこと。課題。

————————————

・昨日、カフェでみた赤ん坊の
 歩き始めたばかりの
 あのヨタヨタの
 歩みの
 強さ  

« 2014.1.31 582 『名もない橋 (あるいは一本の線)』 2014.1.29 580 『それぞれが、それぞれのやり方で』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ