FC2ブログ

2014.1.25 576 『自分自身に対する評価の敷居を下げて』

01 26, 2014 | 日記2014

0

・緊密であり同時に弛緩しているような、在り方。

・終わりのない道の終わりまで。矛盾? もちろんそれを孕みつつ。

・周りの人が「いい」といって(褒めて)くれる、という理由で、自分がまったく納得していないものを(自分自身に対する評価の敷居を下げて)作品として残す、という妥協はやっちゃいけない。そんなことだったら最初からつくらないほうがいい。もちろんすべてにおいて納得できるものなんてできないが、どこか一点でも「これだ」という部分があればいいのだけど、それすらないものを、誰か他人の評価で妥協するなんて、ありえない。

« 2014.1.26 577 『砂浜。夕方。』 うたいます。 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ