FC2ブログ

2014.1.13 564 『創造に仕えること、仕事をとおして生成の鼓動をききとり』

01 14, 2014 | 日記2014

0

・コーヒーを飲みにいく。雪が降る。成人の日。人通りが多い。「コーヒーを飲みにいく」? 違う。本を読む時間をつくるためにカフェにいく。という方が近い。宇佐見英治「見る人 ジャコメッティと矢内原」を。ある程度読んだら、歌詞でも書こうとおもっていたけれど、結局本を読むことを止められなくなってしまった。おもしろい。揺れる。揺れる。

・今日の付箋。

【大切なのは土地でもなく風景でもなく、文化や文明の質でもない。大切なのは、創造に仕えること、仕事をとおして生成の鼓動をききとり、世界と一体になることである。】p87 より。

・付箋を貼った部分を読み返してみる。けれど、付箋をしたときと同じような感動が起こらない。それで、その中から選ぶのに時間がだいぶかかった。付箋というのは、文章を読み進めながら、その流れの中で、貼るのであって、後になって、その部分(付箋した箇所だけを)読み返しても、やはり起こる感情は小さくなる(前後の文章の流れがあって、初めて「うわあ」と感じたりする)。もちろん、独立した言葉として魅力的なものはあるけれど。

« 2014.1.14 565 『「・」を打ったものの。何も書けないまま』 2014.1.12 563 『今日見た少年たちはかっこよかった。ぼくのヒーローだ』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ