FC2ブログ

2014.1.6 558 『盲目的な勇気。馬鹿な、アホな人間の愚鈍なる歩み』

01 07, 2014 | 日記2014

0

・絶えず失敗すること。常に進みつづけること。進んでいるかどうかも、分からずのままに、同じ場所で足踏みしているのではないか? という不安を抱きながらも進み続けること。「進んでいる」とおもうこと、それ自体が錯覚であれ、とにかく足を運び続けること。先人たちに教わることは、技術的なことよりも、「暗がりでも、進んでいるかどうかも分からずのまま、それでも足を運び続けるしかない」という、その「在り方」だ。先人たちから勇気をもらうのはその「在り方」であって、繋いでいかなくてはならないことも、その「在り方」の部分なのだ、きっと。

・いちいち、ひとつの失敗で落ち込んでなどいられない。常に失敗の道を歩いているのだし。歩いても歩いても届かない場所がある、それでも歩いていく、という盲目的な勇気。馬鹿な、アホな人間の愚鈍なる歩み。

・今年。も。おもしろいことを、やりましょう。いや、「今年」などという大きなくくりでなく、日々。日々だ、日々。素振り。素振り。素振りの日々を続けていく。こと。それだけ。ああ。それだけ!!

« 2014.1.7 559 『もう一度わがままに戻る。ちゃんと戻る』 2014.1.5 557 『試作と破壊を倦むことなく繰り返し』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ