FC2ブログ

2013.12.19 540 『囚われ続ける。という自由』

12 19, 2013 | 日記2013

0

・考えたくなくとも、どうしても考えてしまう。歌おうとしなくとも、どうしても歌ってしまう。何かに引きつけられるように。組み込まれたプログラムか? というほどに。それを降りることだってきっとできるはずだ。歌わない。考えない。けれど、どうしたって、そこを離れることができない。これは自由か? ひとつの自由だろう。「囚われ続ける。という自由」。

・どうやら。ぼくはそこから抜け出すことは出来なさそうだ。なので、だから、ぼくは、ずっと歌っていくと思う。いや、いつかわからないが、その場所から、転げ落ちることもあるのだろうか? ???。

・世界を感じたいと思う時に。それが、耳に依るのか? 目か? 口か? 

・最近日記に景色のことを書いていないな。と、しばらく思っていた。けど、それは、外を感じていないわけではない。「言葉」のことばかりを考えているから、どうしても、景色さえも、そのまま受け入れて歓ぶのではなく、言葉に変換しようとしてしまう(できっこない)。それでも、きっと、また、田んぼに映る太陽の光を見るような仕事を始めれば、流れは変わるだろう。(別に今の流れが悪い、というわけではない。これはこれで必要な時間なんだ、きっと。むしろ、この流れのほうこそ重要なんじゃない?)

« 2013.12.20 541 『こういう本をちゃんと印刷しつづけるというのは、本に携わる人の義務じゃないのか?』 2013.12.18 539 『私は何一つ求めない。死にものぐるいで仕事を続けることのほかは』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ