FC2ブログ

2013.12.16 537 『自分の「たが」を外す。そこに至るための』

12 17, 2013 | 日記2013

0

・まだまだ。まだまだ。もっと。もっと。すすむ。

・なんの表現にしても、何かを切り開けたと感じるのは、ほんの一瞬で、その感覚はすぐどこかにいってしまう。その一瞬は作品に痕跡を残さないかもしれないが、実感として自分の身体に刻まれる。その一瞬を感じ取りたくてまた挑む。その繰り返しだ。

・自分の「たが」を外す。そこに至るための、自分との喧嘩。あるいは周囲との遮断。ただ自分の身体との対話を楽しむ。集中。

« 2013.12.17 538 『もう一度。振り切れ。振り切れ。振り切れ』 2013.12.15 536 『めんどくさいことを、ちゃんと、めんどくさいとぼやきながら』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ