FC2ブログ

2013.12.15 536 『めんどくさいことを、ちゃんと、めんどくさいとぼやきながら』

12 15, 2013 | 日記2013

0

・朝。カーテンを開けなくとも雪が積もっているだろうことがわかる。それだけ明るい。カーテンを開けると、雪はまだ降り続けていて、景色も昨日とは一変していたけど、晴れていて朝の光があった。雪に反射する光。雪国に生まれなければ感じることができないものはあるか? と問われたら、真っ先にこの光をあげるだろう。語れないものがそこにある。ただただ感動する。

・もっともっと、創作と練習に時間を割く。べき。

・宮崎駿が「めんどくさい、ああ、めんどくさい」といいながら映画をつくる姿勢。向き合うことはめんどくさい。めんどくさいことを、ちゃんと、めんどくさいとぼやきながら。やる。

・遊びの感覚。こどもが遊ぶようにやること(囚われることなく。振り払って)。の重要性。とは別に。前に進もうとする時は、そこ(遊ぶ感覚)とは別の場所にいかなければならないというような感じもする。要するにめんどくさいことをやる。ちゃんと向き合う。ということ。

« 2013.12.16 537 『自分の「たが」を外す。そこに至るための』 2013.12.14 535 『長軸マッチに火をつける』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ