FC2ブログ

013.12.9 530 『イベントが終わった時にBGMでかかった古いブルースが一番ロックしていた』

12 09, 2013 | 日記2013

0

・昨夜。初めてのライブハウスに音楽を聴きにいった。音楽がどうのこうのより、その音を聴きながらいろいろなことを考えることができた。

・テンプレートができているもの(この言い方は水道橋博士の受け売り)。をどれだけなぞっても、もはやロックにならない。何度も書くけど、ロックという言葉はもともと「在り方」をさす言葉だったはずだ。ジャンルとして確立されて、それをなぞっている人たちを、なんとかジャンルに分類しようとしたら「ロック」というのかもしれないけど、在り方として、それは「ロック」といえるのだろうか。ロックを始めた人たちが一番敬遠し、嫌った「権威的」ものになってしまっていないだろうか。

・結局。誰も喧嘩を売っていない。何に? 在り方に。

・ロックというのはこういう格好をしていて、こういうリズムで、、、、、、とかなんとか、あげればきりがないだろうけど。べつにいいや。何でもいい。けど、少なくとも、どこにも喧嘩を売ることなく、そのジャンルの出来上がったイメージに安住している人たちの音を聴いてもぼくはグッとこない。

・そういえば。思い出した。そのイベントが終わった時にBGMでかかった古いブルースが一番ロックしていた。

・こんなことを書いている暇があるのだったら、自分の創作に専念しろよ。ばかやろう。———自分へ。

« 2013.12.10 531 『あ。あかり、みえますか。みえ。みえません』 2013.12.8 529 『ひとり』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ