FC2ブログ

2013.9.20 450 『こぼれた声ひとつ  小さな舟になって』

09 21, 2013 | 日記2013

0

・ここではない別の場所 
 名前も知らない場所へと  
 手の鳴る方へ
 鐘の鳴る方へ

・こぼれた声ひとつ
 小さな舟になって
 誰かのもとへ
 流れていく

・鼻先をじりじりと
 焼く太陽があつい
 親指をカリカリと 
 蚊に刺されてかゆい

« 2013.9.21 451 『ツイード』 2013.9.19 449 『「お金をもらっているのだから、客に喜ばれるようなもの」なんていうのは、居酒屋にでも任せておけばいい』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ