FC2ブログ

2013.9.19 449 『「お金をもらっているのだから、客に喜ばれるようなもの」なんていうのは、居酒屋にでも任せておけばいい』

09 20, 2013 | 日記2013

0

・あらゆる場所に。自由帳に、壁に、地面に。あふるるを描く。意図、のようなものを振り払い、身体の動くまま描く。「伝える」さえもそこにはいらない。

・ぼくのライブが今後どういうものになっていくのか。を予想してもしょうがないが、上に書いたもののようになる予感はある。

・落書きをみせつける。

・媚びない。(これはテーマというより気質の問題)

・「お金をもらっているのだから、客に喜ばれるようなもの」なんていうのは、居酒屋にでも任せておけばいいのであって、そんなことを悠々とこえていくものをこそやる。表現というものはそんな「仕事帰りのビールのうまさ」を与えて済むような、心地よさだけで終わるような、ものではない。

« 2013.9.20 450 『こぼれた声ひとつ  小さな舟になって』 2013.9.18 448 『「心意気」のようなものが』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ