FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.9.8 438 『「それ」がぼくの身体を通して音楽として翻訳された』

09 09, 2013 | 日記2013

0

・昨夜。の演奏で、一瞬とんでもないのが出てきて、正直自分で驚いた。けれど、「それ」はどこかからやってきた、降りてきたのであって、「それ」がぼくの身体を通して音楽として翻訳された。だからそれはやっぱりよりましの世界なのだ。あの瞬間を体験してしまったら、音楽はやめられない。

・古川ジャマイカンレストラン&バー「カラバシュ」での演奏。いい夜だった。ライチカフェ夫妻と息子さん(四歳)と打ち上げ。いやあ、いい夜だった。

・楳図かずお「わたしは真悟」。凄すぎて絶句。

« 2013.9.9 439 『聴いたことのないうたが自分の口から溢れてくるのだから』 2013.9.7 437 『小さく呟かれる自分への言葉』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。