FC2ブログ

2013.9.2 432 『それを読む以前のようには、世界を見ることができなくなるような、そんなことば』

09 02, 2013 | 日記2013

0

・付箋。高橋源一郎『一億三千万人のたの小説教室』より。

【小島信夫の場合、小説も評論も同じ文章です。おそらく、彼は、同じ文章で、手紙を書き、それから、しゃべったりもするのではないでしょうか。要するに、生きること、が、そのまま小説になっているのです。】 p140

【詩でも、戯曲でも、評論でもない、また、いわゆるふつうの小説でもないのに、こころを揺さぶり、それを読む以前のようには、世界を見ることができなくなるような、そんなことば。それもまた、わたしは、やっぱり、小説と呼びたくなるのです。】 p175

« 2013.9.3 433 『別の生きものによって吸収されるのを、静かに待ちつづける』 2013.9.1 431 『深夜にそっと、彼の勇敢な先祖のひとりがそうであったように』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ