FC2ブログ

2013.8.30 429 『ただその場で足踏みしているしかない』

08 30, 2013 | 日記2013

0

・明日はライブ。振り回される。自分に。受けて立とうじゃないか。

・高熱。扁桃炎。喉激痛。とか、そんな、病みあがりにアン・サリーさんライブを迎えたのは、このあいだのことで、けど、うたえばうたえてしまう。しまった。身体の具合がどこかしら悪くて、どうしようもない時に限って、自分を壊したがる、その衝動が、何にも邪魔されずに襲いかかってくる。それが来てしまったら、ぼくはどうすることもできずに、それに応えるしかない。

・褒められたとして、素直に喜べないのは、その表現をしたのが自分なのか、自分でない誰かなのか、わからないから、ということもあるような気がする。いつもおもう。自分の中にその音はなかったはずなのに。という疑問。いや、疑問などどうでもいい。実際にでてきたのだから。お前は一体誰だ? という瞬間。

・表現する人間というのは、そういう瞬間を経てすすんでいく。成長する。のだとおもう。その体験が身体に刻まれているから、降ってくる何かをその場でつかまえることができる。自分のギリギリのラインを少しでも広げようとおもったら、そういう瞬間、自分でも計れない自分を体験するしかない。そこがないと、いつまでも同じことばかり繰り返して、ただその場で足踏みしているしかない。

« 2013.8.31 430 『「ブレる」ことが「出来る」』 2013.8.29 428 『夢うつつで声を聴く』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ