FC2ブログ

2013.6.30 その2 369 『小さな小さな、それでいて充たされている日々を』

06 30, 2013 | 日記2013

0

・部屋を通り抜ける風が心地よい。感動するほど心地よい。

・だいぶ久しぶりにコンポのコンセントを入れて音楽を聴いている。だいぶ音楽を聴いていなかった。畑の中に溢れる鳥の声や、葉の風に揺れる音で充足していた。日々。コンポの電源を入れて、中に何が入っているのかみたらディアンジェロのファーストだったので笑って、そんな雰囲気ではなくて、近くにあったレイラモンターニュのインディーズ時代の音源をかける。いい夜だ。レイラモンターニュという名前を出したのは初めてかもしれない。けれど。大好き。

・小さな虫がパソコンの灯りに誘われてとまっている。その一匹の虫の動きを眺めながら書く。ちょこちょこと動く小さな虫を見ながら書いて、そして、音楽を聴く。いい夜だ。

・多くを求めず、大きなことを求めず、「今ここにある」小さなことに「これで十分じゃないかよ、、、」と小さく思う。そんな時間があればいい。そんな時間を積み重ねることが出来たなら本当にそれでいい。小さなうたを歌える日々を。

・虫がもう一匹増えた。パソコンの画面上を二匹の小さな虫が駆け回る。それでいい。これでいい。大げさな「何か」を求めるのでなく、小さな小さな、それでいて充たされている日々を。

・日記を書き終えてから、気分がいいのでもう一つ書く。何度でもいい。書きたいだけ。書く。自由帳。真っ白。

・、、、早いけど、そろそろ眠ろう。明日もまたサクランボを収穫する。のだ。肌寒い空気の中。

« 2013.7.1 370 『人間だけが、生殖行為と歌を切り離すことが出来る、のか、どうか』 2013.6.30 368 『酔い日記』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ