FC2ブログ

2013.6.25 359 『大きな白い月。四時の光景』

06 25, 2013 | 日記2013

0

・最近よく夢をみる。目覚ましをとめて、二度寝にはいるときにでなくて、夜中の眠りの最中によく夢をみる。それだけ眠りが浅いということなのか。

・布団に男と女が寝ている。わたしはこの男でも女でもない。横に赤ん坊が寝ている。わたしはその子を「——ちゃん」と呼んで、抱きしめる。こどもは小さな男の子のようだ(少し大きくなって、もう赤ん坊ではない)。ぼくが呼びかけると、笑って応えてくれる。ぼくはその子を抱きしめながら、ほおずりをして、泣いている。目が覚める。

・太陽の光の生まれるころ。その反対の空に月があった。大きな白い月。四時の光景。

・朝早くのラジオ、ここ二日ほどはNHKを聞いて、昨日は美輪明宏のインタビューというか、公開対談というか。その中の「文化と戦争」に関してのところがおもしろかった。内容、といわれても、書けない。今日は盲目の、、、なんという人で、なにをしている人かわからないけど、盲目の人の卓球というのは、ピンポン球にガラガラと音のなるものが入っていて、玉はネットの上でなく、下をくぐすらしい。盲目の人の卓球は二次元ということで、だから、、、何を感じたのか忘れたけど、、、。

« 2013.6.26 360 『わたしも、名前だけはわたしだ』 2013.6.24 358 『それらに包まれて、眠る』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ