FC2ブログ

2013.6.5 338 『そこに残ったまだ「白い」部分。「結果的に」そうなった、という形』

06 06, 2013 | 日記2013

0

・「自分」を壊しにかかってくるような、それまで安定していたと感じる大地にひびをいれ、崩壊させてしまうような表現に触れることを、どこかで望んでいて、それをおもしろいと思う。一方で、「いい言葉」と感じるものにしか反応しない人は、「自分」を壊されるような「予感」があるものには触れない。「いい言葉」程度で大地は揺らがない。

・「これだ」より「これではない」の集まり。「形」が「ある」のでなく、紙を黒く塗りつぶしていって、そこに残ったまだ「白い」部分。「結果的に」そうなった、という形。

・手紙が届く。宛名はない。わたしは小さな声でうたう。遠くへ。このうたにも宛などない。あるのはただうただけ。

« 2013.6.6 339 『小松菜のおひたしも食べている。トマトはもうない』 2013.6.4 337 『自分のなかにいろいろな人がいる。ただし多数決に従おうとはしませんよ、議長としてね』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ