2012.12.31 177 『ひとまず、今年の日記はこれまで、、、。』

12 31, 2012 | 日記.戯れ言2012

0

・午後二時には予定していた出荷数より多くの箱詰めを完了し今年最後の日の仕事は納まる。セリを新聞紙にくるんで大量にもらった。酒を切らしていたのを途中で思い出したので、酒屋に寄るとものすごい混みようで「皆そんなに酒が飲みたいのか」と思ったけれど、それはぼくもそうなのだし。奮発して久しぶりにシングルモルトを買ってみる。

 家に着いて風呂に入り、部屋の片付け。ぼくは片付けるということも苦手で、片付けるというよりただの移動に終わることが多い。ここからあちらへ。そうならないようにまずは、机の上に散乱している本を本棚におさめて、いらないものを処分し、掃除機をかけた。その後でストーブを点けランタンを点けOrnet Coleman「Golden Circle vol.1」を流しながらこうして書いているところ。


・今年のライブの中で印象に残っているものを三つほどあげるとすると、まずは5月25日のVorz Bar。録音のことで迷っていて精神的にあまりいい状態じゃなかったけれど、はじめて自分の曲で遊ぶことができて、あれで流れが変わった。「そうか、歌なんて決まった形がなくてもよくて、その場でいろいろ変わっていいんだよな〜。もっと適当に歌っていいんだ」と実感。

 次は9月10日のBar Tarji。客が誰もいない状態でのライブ。店の中には店員の二人ともう1人の演者のみ。「客がいない状態で自分はどういうライブをするのだろう?」と自分自身も初めての経験で椅子に座るまでどうなることやらわからず。でも、おもしろかった。いいライブだったと思う。このライブで「やっぱり自分は客にのみ向けて何かを表現しているのではない」ということを確信出来た。もし客にのみ向けられるものばかりやっているような人間であれば、そういう状況では「何のためにライブをするのか」「ここで歌う意味が在るのか」とやる気すら起こらないのだろうし。

 最後は12月2日居酒Bar夢人。これは前にも書いたけれど、ただただ流れに身を任せてみる。ということを初めてライブとして実践できた、という感触を得ることが出来た日。この三つのライブが転換点として印象に残っている。し、それは当然身体に刻まれている。来年はどんなライブになるのだろうか。自分でも予想がつかないけれど、そうやって自分自身に翻弄されるアホな唄うたい。五月頃には少太にいやんと何軒かをまわる小さな旅をする予定。


・日記を書くようになって四ヶ月ほどたつ。信じられない。まだ続くのでしょう。旅にいっている時も書けるように環境を整えたい。ひとまず、今年の日記はこれまで、、、。

« 2013.1.1 178「想像しようと思える人が増えたのならば、少しは何かが変わるのかもしれない」 2012.12.30 176 『腰は曲げても、セリは曲げぬ』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ