2017.3.10 1317 『三月も十日、雪が降る』

03 10, 2017 | 日記2017

0

・イタリアの映画「人生、ここにあり!」を。途中の彼、は、「ふっ」と降りてしまったが、それでも、そこで、そこにきて「本当」を生きたのか。

・三月も十日、雪が降る。雪の止む少しの合間、ふと光が射すと、南に向けて停めた車の中は暑くなって、パーカーを脱いでギターを続ける。弦を擦る指の腹は青緑。誰に聞かれることもなく、ただこの場所、この瞬間に響く音。書かれては、線を引かれる言葉たち。ウェブ上に公開されるようなものではなく、一年が終われば本棚の隅にそっとしまわれる日記のように歌を紡いでいけたら。

« 2017.3.11 1318 『「ぼく」から「ぼくら」へと』 2017.3.8 1316 『寓話集』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ