2017.3.8 1316 『寓話集』

03 08, 2017 | 日記2017

0

・先週タージに呑みに行ったときに少太さんがカフカの「寓話」の話をしてきて、その中の「巣穴」がおもしろくて、と笑いながらいうので、家にあったはずと帰って探したけれど本棚になくて、次の日に、八文字屋にいってもう一度買った、「短編集」と「寓話集」と割と最近出た別の編者訳者の「ポケットマスターピース」。

・今日喫茶店に、十二日のタージでのライブのチラシを持って行って(どこかの店に自分のライブのチラシを自分で配るなんてことを初めてしたのではないか)コーヒーを飲みながら、カフカの「寓話集」を読んだら、読んだらというか何年かぶりに読み直したら、異常におもしろくて驚いた、いろいろを経て、そういう場所にきたらしい、自分自身が。

« 2017.3.10 1317 『三月も十日、雪が降る』 2017.2.28 1315 『黄色が溢れつつ』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ