2017.2.28 1315 『黄色が溢れつつ』

02 28, 2017 | 日記2017

0

・そこかしこに春の——春の、春の何だ? 「春の息吹」などといってみると嘘くさい、人は持ち合わせている言葉でしかその何かを表現しようがないのかもしれないが、それを破ろうと言葉を尽くすのが言葉と生きる人で、自分の中に既に存在する言葉で自然を表し得ると考える人はそこには至れない。言葉に錯誤する。

・チーズをつまみに酒を呑みながら「そこかしこに春の気配が」という言葉で書き始めようとするが、嘘くさくなってやめる。文章は文章を書き始めるまでどこに至るかはわからないし、始めたら始めたで、どこにいくかわからないもの。

・ようやく山形の梅の蕾も膨らんできた、モクレンの蕾も、サンシュユの蕾はそれを包んでいるもの(あれはなんというのかガクか)から花の黄色が溢れつつある。

« 2017.3.8 1316 『寓話集』 2017.2.23 1314 『今日は雪だった。雨だったか。雨だった。』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ