スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.4.7 1300 『あえていうならフォークシンガーね』

04 08, 2016 | 日記2016

0

・最近はビリー・ホリデイばかり聴いていて、前から好きだったが、久しぶりにじっくり聴くとますます好きになった、と同時にニーナ・シモンが自伝の中で、ビリーの後に出てきたものとして、どうしても自分がポストビリーとして語られることを嫌がっていた、と書いてあるそのことに納得がいったような気がする、ニーナが嫌だといったのは、ビリー個人との比較というよりは、「ジャズ」というジャンルで自分の音楽が語られることへの嫌悪で、これはビリーを聴いていて逆に鮮明に感じたことなのだけれど、ニーナには「伝えたいこと」があった、コトバとして誰かに届けたい思いがあって、それを音楽にのせて歌っている、ということがわかる、だからニーナは自分の立ち位置を「あえていうならフォークシンガーね」と言ったのだ、

« 2016.4.8 1301 『仙台Vorz Barにてライブ。木製の椅子の方々と』 2016.4.6 1299 『ぬかるむ田に足を沈めながら』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。