スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.3.7 1269 『岡本太郎と保坂和志の書くもの』

03 09, 2016 | 日記2016

0

・整形外科の待ち時間に、読みかけたままにしていた岡本太郎「沖縄文化論」を読む、テレビの音に邪魔されないように、片耳イヤフォンでデレクベイリーを聴きながら、付箋の数が凄い、

・肉声を伴うものではない、印刷された文字の連なりから、読む側に起こるこの感情、感動、一体なんなのだろう、綺麗な文章、巧い文章、それらは腐る程あるのでしょうけれど、読み手の「行為」を起こす文章、読み手に思考させ、行為させ、このすぐにはコトバにならない感情をうむ、という点で、岡本太郎と保坂和志の書くものは似ている。

« 2016.3.8 1270 『「何もないことの眩暈」より』 2016.3.6 1268 『店の片隅の暗がりの小さな灯りの照らす椅子に腰掛けてポロポロと歌う』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。