スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.3.6 1268 『店の片隅の暗がりの小さな灯りの照らす椅子に腰掛けてポロポロと歌う』

03 07, 2016 | 日記2016

0

・これは明らかに浅川マキに影響されているというか、「浅川マキ」というコトバから喚起されるイメージに引っ張られた結果だろうけれど、

「店の片隅の暗がりの小さな灯りの照らす椅子に腰掛けてポロポロと歌う」というようなライブがしたい。声を張り上げて、こちらの何かを刻もうと切りかかるようなヒリヒリとしたライブではなく、ポロポロ溢れるライブがしたいのだ、今。

« 2016.3.7 1269 『岡本太郎と保坂和志の書くもの』 2016.3.5 1267 『何日も洗っていない自分の足の匂いを嗅いで』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。