2016.3.5 1267 『何日も洗っていない自分の足の匂いを嗅いで』

03 07, 2016 | 日記2016

0

・二日酔いにて、午前中をだらだらとやり過ごし、午後はチェーンソーの講習会にいく、でたらめな手入れを何度するより、きちんと理論立てて説明されたことを実践したほうが、こと道具の手入れに関しては、いい、ことを思い知る、コトバをこえたものに関しては、いくらコトバを尽くしても説明はできないが。

・録画していた探偵ナイトスクープの、何日も洗っていない自分の足の匂いを嗅いで、子供の頃に通っていた、今は閉店してしまった近所の食堂のラーメンを思い出してもう一度食べたい、という依頼、その物語よりも、その嗅覚と記憶の繋がりのほうを考える。

« 2016.3.6 1268 『店の片隅の暗がりの小さな灯りの照らす椅子に腰掛けてポロポロと歌う』 2016.3.4 1266 『想像力を全く使わない作業なんて』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ