2016.3.4 1266 『想像力を全く使わない作業なんて』

03 07, 2016 | 日記2016

0

・サクランボの剪定作業をする、初めてのことだが、やり方を聞きながら。果樹の剪定のおもしろさは、なんといっても、実の成る様子を想像しながら、どのようにすれば日当りが良く、いい果実をつけてくれるだろう、などと考えることで、想像力を全く使わない作業なんて、少しもおもしろくない。

« 2016.3.5 1267 『何日も洗っていない自分の足の匂いを嗅いで』 2016.3.3 1265 『動詞は極力使わない』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ