2016.2.27 1260 『以前つくった曲を仕立て直す、というような作業をしている』

02 29, 2016 | 日記2016

0

・以前つくった曲を仕立て直す、というような作業をしている、歌詞の大枠をそのままに手直し、メロディーや、リズムも同時に修正。

 これは家のリフォームに近い、柱はそのまま残しながらも補強し、その他の直せる部分をかえていく、その曲の持つ骨格とか、志向する方向そのものを変えてしまえば、それは別の曲になってしまう、何年か前の自分には備わっていなかった技術を駆使して、曲の強度を高めていく作業。

・そんな作業を経て、物置の隅に放置されていたような曲が、一曲ぼくの近くにきた。放置されたといっても、それは使いようがなくて不要になったということではなくて、その時の自分には手に余るものだった、ということで、つくったのは自分なのだけれど、そういうことはよくある、時間が経って、ようやく自分自身がそれを扱う技術を手に入れた、ということかもしれない。

« 2016.2.28 1261 『書く歓び』 2016.2.26 1259 『大江健人さんとメールのやり取りをしていて』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ