スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.2.20 1253 『いや、引き搔かれる』

02 22, 2016 | 日記2016

0

・Bar Tarjiに呑みにいって、かかっていた音に「これ誰です?」と思わずきいたそれは、Blind Gary Davisで、名前の通り盲目で、黒人のブルースで、その演奏を聴く、というか、聴く気がこちらになくとも身体がその音に反応してしまう、というような、久々の感覚、それほどブルースに明るくない僕でも、ある程度聴いているし、有名どころは一応自分で買って聴いてみるものの、身体に響くものはそれほど多くはなく、のめり込むこともできず、けれど、彼の演奏は引っ掛かる、いや、引き搔かれる。

« 2016.2.21 1254 『綺麗さよ! 整然さよ! 爪の無さよ!』 2016.2.19 1252 『same light』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。