スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.1.18 1223 『ようやく山形らしい冬に』

01 19, 2016 | 日記2016

0

・ようやく山形らしい冬になった、雪が降る、水気の多い重たい雪がどっと降る、あまりに急なドカ雪に、除雪車も追いつかずに、車はのそのそと轍を走る、

・セキレイという鳥には縄張りがあるのだろうか、いつも見るセキレイは、いつも同じ場所にいる、背中に斑点のあるセキレイは、だいぶ人に慣れてきたのか、日々徐々に人との距離を近づけて、手を伸ばせば触れることができるような距離まで近づくようになった、軽い足取りでセリの上を歩きながら、あの鳥は何を啄ばんでいるのか、セリの花がらなのか、何なのだろうか、

« 2016.1.19 1224 『私の歌を川は聴いてくれているし、雪を纏った木々たちも聴いてくれている』 2016.1.17 1222  『終わり良ければすべて良し、などという』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。