2016.1.12 1217 『優しく強く 土門拳 左手』

01 12, 2016 | 日記2016

0

・「優しく強く」というのは土門拳の言葉で彼が左手で描いた、その文字に心打たれたのは、僕が高校生で、野球部で、遠征で酒田に行ったのだけれど、確か雨で練習試合がなくなって、どこか観光できるところを、ということで土門拳記念館に部員全員で行って、そこで彼がリハビリ中に左手で書いた(描いた)という解説付きの書を見たときだったと思う、その後にも何度かその記念館に行ったけれど、企画展示だったのか高校生のその時以降その書を見た記憶がない、

・と、書いて、それが本当にリハビリ中に左手で書いたものだったのかわからなくなったので、調べようと、「優しく強く 土門拳 左手」と検索したら、何件か出てきたので、見るとそれは三年前に自分が書いた記事だった、ので笑ってしまった、今。

« 2016.1.13 1218 『金とは違う場所、などと書くと』 2016.1.11 1216 『器を買いに』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ