スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.1.10 1215 『例えば、民芸品と呼ばれる、それら収集されたものたちは』

01 11, 2016 | 日記2016

0

・雪の降る田んぼの中でふと浮かんだ言葉、思わずメモを取る。

・『ーー例えば、民芸品と呼ばれる、それら収集されたものたちは、収集家によって「発見された」から、それらが「在る」のではなく、たとえ誰に発見されることがなくとも「在った」、そこに生きた人々の生活と共に。』

 と、いうようなことで、どのような文脈からこの言葉が浮かんだのかわからないが、ただただそこに在るもの、ということが僕にとって大事なことなのだと思う、誰かに認められるためにでもなく、彼らの生活の中で生まれ出た形、僕の「歌」の考えも、そのようなものに近い、

« 2016.1.11 1216 『器を買いに』 2016.1.9 1214 『イギリスから遊びに来ている』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。