2016.1.7 1212 『擦り合せ』

01 10, 2016 | 日記2016

0

・誰かの音楽であれ、言葉であれ、その人そのものであれ、それに惚れる時に、他の誰かの評価など関係ない、と僕は言い切るが、そうでない人もたくさんいて、誰かに既に評価されているもの、評価の確立されているもの、と自分の価値観が合っている(擦り合せる)ことに安堵する人もいる、不思議なもの。

・を実感した日。

« 2016.1.8 1213 『言葉を持たないものとの対話』 2016.1.6 1211 『あの光(そのもの、あるいは別の光)を』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ