2016.1.5 1210 『意味の伝達を』

01 08, 2016 | 日記2016

0

・(光景や 心象や) 地に向けられた目線の一気の空への転化 あるいは近撮から一気の俯瞰される視点 視点すらも離れてそれが誰か別の目に映るものになる 

 --など 意味の伝達を主の目的として「書く」のではなくて 言葉によって身体の機能が働かされる という言葉であり歌詞を

« 2016.1.6 1211 『あの光(そのもの、あるいは別の光)を』 2016.1.4 1209 『酔いながらのなぐり書き。眠い。とても。』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ