2016.1.1 1206 『雪のない正月になるのかと』

01 04, 2016 | 日記2016

0

・雪のない正月になるのかと、31日には思っていたけれど、元旦に玄関のドアを開けると、うっすらと白い雪の層があって(積もっているとは言えないほどだけれど)、それでも10時頃には陽が射して気温も上がり、雪は草木や地面にその重さを伝える前に消えてしまったようだった。

« 2016.1.2 1207 『猿、より、人間と近い』 2015.12.31 1205 『遠くとも』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ