2015.12.24 1198 『立川志の輔の落語を、「を」のあとの言葉を』

12 27, 2015 | 日記2015

0

・立川志の輔の落語を、「を」のあとの言葉を何と書いたらいいのかわからない、観る、聴く、とも違う——

・彼がやっていることが落語なのか、というか、彼が落語をしようとしているのか、とか、その根本を揺らす何かだった。学べば出来るものではい、という何か、だ、「お笑い」というものが今やアカデミックなものになって、かれがやろうとしているのは、それ以前のものであり、

« 2015.12.25 1199 『言葉をもって表現せざるを得ないものの課題』 2015.12.23 1197 『手慰みの中に扉』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ