スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.4 1248 『山頭火みたいで』

11 07, 2015 | 日記2015

0

・【文化の日に、酔っぱらって、台所の床に散らばした爪楊枝を、こそこそ拾う、こんなに寂しい光景はない。】と書いたら、陶芸家の方に、「山頭火みたいで、私も共感します」と思ってもみない言葉をもらったので、笑った。

« 2015.11.5 1249 『そこに流れる時間を自分の時間とリンクさせて考えることが』 2015.11.3 1247 『「干し柿」づくりをする』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。