2015.10.28 1241 『演者の身体を聴くことになる』

11 01, 2015 | 日記2015

0

・良く聴く人、読む人、観る人、そのような人が自分でも表現する立場にいる時は、「オリジナル信仰」「オリジナリティ至上主義」に成る事ができない。と思う。

・楽曲のカバーというのは原曲の音符をコピーすることではなく、自分の身体を通したらこういうものになりました、ということ、だから演者の身体を聴くことになる。

« 2015.10.29 1242 『小雨の降る』 2015.10.27 1240 『書くという行為は、そうはいかない』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ