スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.10.1 1214 『語らないものの声を』

10 01, 2015 | 日記2015

0

・今日ずっと頭に——いずれにせよ、愛、がその行為にの中にあるか、木々を相手にしながら、自分の手入れに、それら木々に対する愛があるかどうか、ただ金の生まれる作業としてハサミを入れること、それではいつまでたっても木々の声は聴こえない、それはジャンルを問わず何でも一緒でしょう、対峙するものに対する思いがあるか、「私」というものをひけらかす声だかな主張はもういらない、語らないものの声をきちんと聴き取る、という姿勢。

・ファスト的思考、とか、志向、を自分の中から排する。これから先、いよいよもっと二極化する時代。において、自分がどの立ち位置にいるのか、どういう人たちと一緒にいて、どんなものを身につけ、どんな仕事を応援していくのか。ファスト的なものがあるのは時代の要請だし、それはそれでいい、必要とする人がいるのなら。ただ、自分はどう在るか。どう志向、思考するのか。

« 2015.10.2 1215 『世界と無邪気に解ける』 2015.9.30 1213 『忍ぶように、気づいたら』 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。