2015.9.15 1198 『葉ではなく、先ず幹と主枝の』

09 16, 2015 | 日記2015

0

・言葉。

【論理の精密さにまどわされず、論理の基盤を見ること。論理的であるより直観的であること。つまり芸術をやるように思考すること。】保坂和志

——————

・剪定は葉ではなく、先ず幹と主枝の関係を見つめる。

« 2015.9.16 1199 『そんな風に書かれた言葉にこそ「ぼく」というものを揺るがされ続けてきた』 2015.9.14 1197 『「愛」の持たない手入れは、ただのいじめですよ』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ