2015.9.3 1186 『「問う」という行為も、言葉によるものだから』

09 04, 2015 | 日記2015

2

・理解出来る、出来ない、じゃなしに、身体が惹き付けられる、??? と浮かぶ頭をよそに。そういうことが在る。

・音楽が言葉を伝える媒介としてしか機能しないものだしたら、そんなことは起こらない。

・「この音の何にこれほど惹き付けられるのだろう?」 と問うことは、可能だろうか? 「問う」という行為も、言葉によるものだから、言葉を超えてこちらに迫ってくるものに対して、言葉で問う、などできるのだろうか?

・そのまま受け入れる、という、、、

« 2015.9.4 1187 『究極の反戦歌』 2015.9.2 1185 『孤独なんて』 »

2 Comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 09 05, 2015 - [ edit ]


ぼくもずっと身体で音楽を聴いてきた人間なので、そういう聴き方をしてもらえることは嬉しく思います。身体で音楽を聴く、ということがどういうことか、上手く説明は出来ませんが、人間もひとつの動物なので、その名残かとは思います。

by 春伸 | 09 08, 2015 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ