2015.8.24 1176 『p.10』

08 27, 2015 | 日記2015

0

・言葉。

【ふと見ると、正面に低く大きな赤い月がのぼっていた。十六夜くらいだろうか。ふしぎに温かい月だ。その光が那覇港のゆるやかな波のうねりにはえている。いかにも南国の夜だ。】p.10 岡本太郎「沖縄文化論」より。

« 2015.8.25 1177 『p.17,18』 2015.8.23 1175 『岡本太郎「沖縄文化論——忘れられた日本」』 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

harunobiwonder

Author:harunobiwonder
松沢春伸の日記

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ